個人輸入の物流について|海外商品を購入・販売

個人輸入の物流について|海外商品を購入・販売

個人輸入の物流について

個人輸入の物流について

日本から海外の商品、特にED治療薬は化粧品などを取り寄せ都人が増えてきているといわれています。注文した商品がどのような状態で運ばれてくるのかを知っている人は少ないと思います。それを知っておくことで、配送にかかる時間や、商品の状態をより詳しく知ることができます。ここでは商品の物流について説明したいと思います。

 

まず、商品についての特徴から物流方法が大きく航空便と船便とに分けることができます。商品が常温保管で物流可能なのか、それとも温度管理が必要なのかによって異なります。

 

航空便の場合には、国際郵便EMS/SALがあります。また、物流時間を短くする国際宅急便クーリエも存在します。

 

常温と保冷のどちらの商品にも対応しており、低音商品の場合には、温度の変化などが大きいと困る場合には、温度が保てる梱包をする必要があります。ED治療薬に関しては、航空便を利用するのが多いようです。

 

船便の場合には、海上コンテナで運ぶ場合と冷凍コンテナで運ぶ場合があります。海上コンテナの場合には航路によって、寒い地域を運航している時には庫内温度が氷点下を下回ります。また赤道直下を運航している時には、60度を超えてしまう場合があります。そのような温度変化に耐えることができる商品は、船便で運ぶようです。

 

ED治療薬や化粧品などは、温度変化によって質が変化してしまうことが想定されるので、航空便を利用することが多いようです。

 

個人輸入の物流

個人輸入の物流

海外の欲しい商品を個人的に購入することを個人輸入といいます。多くのケースではバイヤーと消費者の直接やり取りする方法がポピュラーですが、間接輸出と言って、油種茶の間に貿易会社が入ることもあります。

 

ED薬などの個人輸入では、日本側に注文代行手続きをする会社があり、その会社が海外へ直接注文しているプロセスがとられています。そのために、日本から個人輸入をする際には、注文方法としては、日本語のサイトで注文を行うために、輸出店に直接注文しているような錯覚に襲われがちですが、実際に商品であるED治療薬を取り扱っているのは、注文サイトとは別の会社ということになります。

 

個人輸入に関する物流の流れには、売買契約の動きと、モノの動きと、お金の動きがあります。

 

代金の支払いに対しては、商品到着後に支払う方法もありますが、個人輸入に関しては先払いのケースがほとんどです。これは、個人での輸入ということで、商品の数量が少ないこと、販売店と消費者との信頼関係が気付けていないことが原因です。

 

ED治療薬の個人輸入を続けていると、販売店の方から、商品到着後に支払いをすることを打診してくれることがあるかもしれませんが、銀行取引など余計な作業が増えることが懸念されるため、多くの方はあまり受け入れることのない制度かもしれませんね。医薬品個人輸入サイトは、ベストケンコーがおすすめです。

 

海外への輸出を考える

海外への輸出を考える

日本でも個人輸入ブームが起こっています。ED治療薬や化粧品などたくさんの商品が流通しています。これは、海外の販売店が日本人のニーズを確実に読み抜いたからに他ならないのです。

 

ED治療薬に関しては、日本ではあまり流通していないバイアグラなどを多くの人が求めているという環境がありました。後は、その手続きの複雑さがクリアできれば、バイアグラは日本では必ず売れるという確証があったに違いありません。

 

どの商品をどの国にもっていくのかを考えることが、海外への輸出を考える上ではとても重要なことなのです。

 

必要に応じて、販売を検討している地域に赴き、現地調査をすることも必要でしょう。競合商品の価格帯や、品質を調べることで、商品を有利に売り込むことができます。えてして、現地生産品と比べると、輸出するには、費用がかさみがちです。そのために品質の特徴で勝負に出ることが重要です。

 

このように紹介すると、やることが多すぎて手を付けることができないと考える方もおられるかもしれません。もちろんすべてやる方が、成功率が上がることは確実ですが、最初から完璧な計画もなく、確実にやっても失敗することもあります。

 

まずは、考えるよりもできることから始めることが肝心です。試行錯誤で取り組むことで、自分のやり方を作り上げるものいいでしょう。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ