建設の前には省エネルギー計算書

現代の日本にはいろいろな法律があります。

いろいろな法律では、国に必要なこと、これからの社会にとって必要なことを定めています。

建物、ビルなどにもいろいろな法律が定められています。

その中に、省エネルギーの問題を定めている法律もあります。

ある一定の大きさ以上の建物は省エネルギー計算書を届け出さなければいけないと言う法律です。

計算書には、どのぐらいエネルギーを使うかなどが計算して書かれています。

省エネルギー計算書は省エネルギー法でその届け出を定められています。

計算方法などもその中で決められています。

その計算方法もなかなか複雑で、簡単に計算書を作ることはできません。

かわりに、省エネルギー計算書を作成してくれる会社もあります。

また、新たに建設される建物だけではなく、今まで建設されていた建物にもこの計算書の届け出が必要になってくる場合があります。