個人輸入の物流について|海外商品を購入・販売

様ざまな貿易の条件

様ざまな貿易の条件

様ざまな貿易の条件

海外との取引を行う輸入と輸出を合わせて貿易と呼びますが、その運搬方法には様々なものがあります。海外か個人輸入に関しても、この中のどれかに当てはまり、商品にあった方法が指定されています。

 

消費期限があるようなものなら、なるべく輸送時間を短くしたいと考えるなら、船を使わずに飛行機を使った輸送を選択するといいでしょう。しかしその分運賃が高額になることを理解しておく必要があります。

 

日本では海外の医薬品の個人輸入の需要がうなぎ上りに上がっていますが、医薬品に関しては比較的使用期間が長いものが多いので、船舶での輸送が一般的となっているようです。

 

シンガポールからの発送なら、日本から注文しても一週間から十日間ほどで、自宅に配送されてくるでしょう。

 

商品の輸送手続きには、工場渡し・本船渡し(運賃込み・保険料込み)運送人渡し(輸送費込・保険料込み)などに細かく分けることができます。

 

工場渡しの場合は、貨物があるところでの取引となるために、運賃は買い主が負担することとなります。

 

本船渡しの場合には、飼い主が指定したところまでの運賃を販売側が負担するなど、指定する貿易の条件よって大きく送料が異なってくることがあります。



ホーム RSS購読 サイトマップ