個人輸入の物流について|海外商品を購入・販売

個人輸入で販売する際の注意点

個人輸入で販売する際の注意点

個人輸入で販売する際の注意点

商品を海外に輸出することができます。個人間でも売買取引をネットで行って商売をする人が増えてきています。その際、一番気を付けなければならないことが、ブランドや商標権に関する問題をクリアしておくことが重要です。

 

アメリカなどに商品を販売する際には、特に細心の注意が必要です。世界でもアメリカは生産者損害補償責任・PL訴訟のリスクがとても高いことが知られています。消費要件はもちろん、販売した商品が原因で起こる損失に対して、責任を負う必要があります。

 

反対に購入した時に、あなたが損害を受けたときには日本の法律が適用されますが、その損害に対して、請求するとなると、とても労力のかかる大きな仕事となってしまい、多くの方が、損害の大小にかかわりますが、泣き寝入りするケースが多いようです。

 

反対にアメリカでは、損害が発生した時には、すぐに訴訟手続きが始まり、集団訴訟という形で、連絡が来ることがあります。そうならないためにも、個人輸出する商品には細心の注意を払う必要があります。

 

商標権などを侵害していると、相手によっては一生使っても払いきれないような損害賠償を請求されることも想定されます。

 

海外らかED治療薬などを購入している人がいます。今のところは、大きな被害は確認されていないので、この流通に関しては順調だといえるのかもしれませんね。



ホーム RSS購読 サイトマップ