個人輸入の物流について|海外商品を購入・販売

海外ビジネスと商標登録

海外ビジネスと商標登録

海外ビジネスと商標登録

個人輸入や海外ビジネスは、販売店がある国の商標登録はもちろん、購入国の商標登録にも気を使わなければいけません。また、国や商品名によっては、個人輸入で販売先に指定できないこともあるので、事前に該当国の商標登録を調べておく必要があります。

 

個人輸出の場合には、商標権などはそれほど考える必要はないのかもしれません。それは、バイヤーが仕入れた商品にすでに商標登録されているものがあるかもしれないからです。商品を仕入れて、売るのですから当然そのようなケースがほとんどです。

 

また、すでに他人に商標権を先に登録されていると、該当する商標を提示して商品を製造・販売、輸入することができません。また、展示するだけでも規則違反となることもあります。

 

寺社の商品を輸出しようと考えておられるのなら、販売しようとする国で、商標登録をしておく必要があります。アップル社なども世界を股にかける大企業ですが、中国ではすでに商標登録されとり、アップルという単語が使えないという裁判結果が出ているケースもあります。

 

反対に、アメリカなどは訴訟大国ということもあり、そのあたりの問題は非常にデリケートに扱う必要があるのかもしれません。

 

ただし、個人輸入のように、商標のある商品をやり取りすることには、このような問題は含まれないことが多いので、それほど心配する必要もないのかもしれません。



ホーム RSS購読 サイトマップ